オカムラホームとは

  1. 千葉県八千代の不動産総合企業オカムラホームTOP >
  2. 企業情報>
  3. 事業内容

事業内容

  • 事業内容

環境への取り組み
オカムラホームの環境への取り組みです。

株式会社オカムラホームは、人と環境に優しい、快適で健康的な住まいづくりのため、技術革新に努め、お客さまの真の財産となる高品質で耐久性の高い住宅の提供に努めます。
また、"ハート・ハウジング・カンパニー"のスローガンのもと、地域環境を考慮した街づくりを心がけ、信頼される企業として社会的責任の実践に重要な、環境保全活動を推進します。

  • 環境への取り組み

環境方針

1.当社は、建築物の企画開発・営業・設計施工・アフターメンテナンス等の事業活動から生じる「環境への影響」を的確にとらえ、可能な限り環境への負荷を低減させます。

2.事業活動に係る環境関連法令並びに個人情報その他関係法令およびガイドライン等を遵守いたします。

3.環境保全活動においては、当社の中心的事業活動である高品質で耐久性の高い住宅の供給の際に、次の項目について重点的に取り組みます。
(1)環境に配慮した商品企画と設計デザインの提案をしていきます。
(2)無駄を無くし廃棄物発生の抑制とリサイクルを推進します。
(3)周辺環境に配慮した安全・安心の建設現場を推進します。
(4)事業所内での省資源化・省エネルギー化・リサイクルを推進します。
(5)環境汚染の予防に努めます。

4.環境方針を全社員並びに協力業者に対しても周知を図り、パートナーシップを大事に環境保全活動に貢献できる人材を育成します。

5.環境方針を達成するために環境目的と目標を具体的に定め、定期的な見直しを実施することにより、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。

  • 環境配慮住宅の建設

    全棟ソーラーパネルの標準装備、照明器具のLED化、節水機器の積極採用など環境に配慮した取り組みを、 その時々のニーズに合わせて行ってきました。
    イメージ
  • 自然素材の利用

    身近なところから取り組もうと考えた時、まず思いつくのは、使用する材料を見直すこと。無垢材や漆喰・珪そう土の利用をはじめ、ホウ酸による防腐・防蟻材の利用やリサイクル材の活用など、「木ここち」物件を中心に活用の幅を広げています。
    イメージ
  • 古材の活用

    時間と共に強度の増す木材は、100年以上前のものでも十分にその役目を果たしてくれるため、古材を使うことは、「資源の再利用」という観点から、とても価値のあることと考えています。同時に年月の経過によって醸し出された味わいを現代建築に取り込むことができるという点にも注目し、古材利用の促進を図っています。
    イメージ
  • 空き家の再利用

    スクラップ&ビルドから、リノベーションも重視される時代へ。オカムラホームでは、早くから老朽化した戸建てやアパート、空き家のリノベーションに取り組んでいます。スクラップによる産業廃棄物の増大という環境負荷を抑えながら、お客さまに喜ばれる住まいの新しいカタチを提供。空き家のリノベーションにより、周辺環境・景観の保全にも貢献します。
    イメージ
前のページに戻る