1. 千葉県八千代の不動産総合企業オカムラホームTOP >
  2. 不動産コンサルティング>
  3. 「土地有効活用」の事例【1】

不動産コンサルティング

「土地有効活用」の事例【1】
お客さまのご要望・資産状況・立地等に合わせた、さまざまな活用提案。

遊休地に「グループホーム」を建設して地域に貢献。

サービスの質をさらに高めて地域に貢献するために、遊休地にグループホームを建設したお客さまの事例をご紹介します。

  • befor
  • after

    グループホーム

  • 【物件データ】

    □グループホーム
    JR総武線「東船橋」駅 徒歩18分 平成27年6月築用途:グループホーム  2ユニット(18室)
    • 廊下〜リビング

      廊下〜リビング

    • 洗面室〜ユニットバス

      洗面室〜ユニットバス

  • ■地域密着で、質の高いサービスをめざして。
    介護保険制度の施行当初からデイサービスの運営をご家族みなさまで行ってきたオーナー様。 開業当時は同業者の数も少なくニーズも多かったデイサービスですが、度重なる介護報酬の改定や同業者 の乱立、リハビリに重点を置いたサービスへのシフトチェンジという時代の波があり、「私たちも変わらなけ れば」という気持ちが強くなっている状況でした。
    ■オカムラホームとの突然の出会い~グループホーム建設。
    そんなある日、オーナー様が自宅の花壇を手入れしていたところ、当社のスタッフが通りがかり声をかけさ せていただきました。 その当時は、運営しているデイサービスの状況やお悩みのことは知らず、事業とは関係のない話をさせてい ただきました。 この突然の出会いから、グループホーム完成に至るまでには2年の歳月が必要でした。 グループホームはデイサービスとは違い、市の公募を必要としている事業のため、公募に受からないことに は開業ができません。 しかしそのため、同地域で同業者が乱立することが無く、また今後より一層必要とされる福祉施設であるた め、開業することができれば、長く健全に運営できる事業となります。それは、オーナー様の福祉に対する 想いと、お子さまたちへ安心して引き継いでもらえる仕事を残したいという、二つの想いが現実になるかたち でした。 その想いを現実化するべく、当社では公募のお手伝いからさせていただき、2度のチャレンジで見事公募に 当選し、晴れて2015年6月にグループホームを完成することができました。
  • オカムラホームとの突然の出会い
前のページに戻る