自然の摂理

早いもので今年も12月となりました。

さまざまなシーンで

今年1年を振り返る機会が多い今日この頃。

 

4月。

私は、何か育てようと思いたち、

ヒマワリの種を植えました。

 

種を植えてから1週間ほど。

発芽して双葉が開いた日の感動は、

まるで昨日のことのように覚えています。

みずみずしい、鮮やかな緑色のちっちゃな葉がとても愛おしく、

飽きずにいつまでも眺めていたことを覚えてます。

 

それから、

大型連休の爽やかな青空に向かってぐんぐん背を伸ばし、

大きな葉をたくさん繁らせ、すくすくと成長していきました。

 

そして迎えた、今年の猛暑。

夏の青空に映える、黄色い花を咲かせたときは

育てる喜びをかみしめた瞬間でした。

 

そして、花は少しづつ種へと変化していき、

種の収穫を心待ちにしていた残暑の厳しいある朝、

なんと!ヒマワリの種が真っ二つに割れて

そこらじゅうに殻が散乱しているではないですか!

私が育てたヒマワリの種は全て、

IMG_1137野鳥のえさとなってしまったのです。

あぁ、なんと非情な自然の摂理だろうか!

 

手塩にかけて育てたヒマワリ…

育てる喜びを与えてくれたヒマワリ…

ひと夏の思い出をくれたヒマワリ…

夏の終わりとともに、

私のヒマワリも終わってしまいました。

 

営企 滝本

 

SNSでもご購読できます。

現在販売中の分譲プロジェクト

土地・仲介物件情報