1. 千葉県八千代の不動産総合企業オカムラホームTOP >
  2. 分譲住宅>
  3. 構造設計

構造設計

構造設計
夢の一歩先”を叶える、オカムラホームの住品質。

自社一貫体制で実現する確かな構造

  • ■ SDS試験による高精度の地質判定
    地盤調査は、一般的なSWS(スウェーデン式サウンディング)試験より進化したSDS(スクリュードライバーサウンディング)試験を実施。低コストでボーリング調査並みの高精度な土質判定が可能となり、地盤の不同沈下のリスクや過剰な補強工事設計の回避が可能と なります。
  • ■ ベタ基礎
    強度が高く、防湿牲にも優れたベタ基礎を採用。地盤と一体化した強固なコンクリート盤で、建物をしっかり支えるとともに基礎下に敷きつめた防湿シートが、地面から上がってくる湿気やシロアリの侵入を防ぎます。

  • ■ 耐震性能
    一般的な軸組工法では、耐震性の平均値は耐震等級2前後となっていますが、オカムラホームでは同じ軸組工法を採用しながらも、強度・耐震性を高める工夫により耐震等級3またはそれと同等の強度(性能評価をとらない場合)を実現しています。
    耐震等級3とは
    等級1(建築基準法の耐震性能)の1.5倍(約600ガル)の地震力に対して倒壊・崩壊しない程度の強度を有している建物を指します。災害時に防災拠点となる施設や放射性物質貯蔵施設と同程度の強度を誇ります。(右記は耐震等級別のイメージを筋交の量で表した図です。)

    「木」を知り尽くした工法

  • ■ 工法
    木造住宅の多くは、軸組工法(在来工法)と枠組工法(ツーバイフォー工法)に大別されますが、オカムラホームで施工する木造住宅のほとんどは軸組工法を採用。すぐに屋根を架けられるため、雨の多い日本においては適した工法であるということと、間取りの自由度が高いので、お客さまの理想のプランが実現しやすいというのが採用の理由です。
  • ■ 構造材
    柱や梁といった主要な構造部材には、乾燥による変形・割れなどが生じにくく、強度がある集成材を使用しています。また、土台や大引部分の構造材には、柱のめり込みや、せん断に強いLVL材(単板積層材)を使用。強度のばらつきや反り・ねじれ・やせといった木材の欠点を改良し、耐久性を高めています。
  • ■ 耐震金物
    大きな地震や台風などによる木材のズレなどを防ぐため、木材の主要接合部を耐震金物でしっかりと連結しています。

    • 火打ち金物

    • 垂木止め金物

    • 筋交プレートと引き寄せ金物

    • ホールダウン金物
■ 剛床構造
2階の床面にマス目状に梁を組み、上から構造用合板を敷き詰めて固定することで、水平方向の強度を上げ、耐震性を高める手法です。これにより遮音性も高まり、快適な住空間づくりに寄与します。

健康的で心地よい室内環境

  • ■ 省エネルギー対策
    冷暖房に使用するエネルギー効率を高めるためには、冷暖房機器の性能を向上させることも必要ですが、新築時点で建物自体に対策を講じておくこともそれ以上に重要です。住宅性能評価の断熱等性能等級では構造躯体の断熱化、冬期の日射の採り入れ効果、夏期の日射しを遮断する対策、結露の発生を抑制するための対策などの効果について評価をします。図1は「断熱等性能等級」を住宅内で最も熱が出入りする窓 を参考例としてご説明しています。当社の家は断熱等性能等級でも最高の等級4が取得可能な仕様になっています。
  • ■ 現場発泡ウレタン断熱材(屋根・外壁)
    複雑な構造の住宅も現場吹付け発泡ウレタン断熱なら隙間無く施工できます。
    高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費が削減できます。
  • ■ LOW-E複層ガラス+アルミ樹脂複合サッシ
    室内から最も熱が逃げ、入り込んでしまう窓にLow-E複層ガラスを採用し、単板ガラスの約4倍の断熱効果を確保します。同時に、窓内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減。また、アルミ樹脂複合サッシでは、ガラス面以外の結露も防ぐことができます。
  • フェノールフォーム保温版
    熱伝導率の数値が低いほど断熱性能は高まります。1階床下部分に採用しているフェノールフォーム保温板は、従来の素材に比べて熱伝導率が低いため、優れた断熱性能を発揮。また、工場でプレカットされた製品を使用しているので隙間無く施工ができ、端材が出ないので産業廃棄物の削減にも貢献します。
  • ■ シックハウス対策
    ホルムアルデヒドなどの化学物質の放出量がゼロもしくは極めて少ないとされる、日本工業規格(JIS)・日本農林規格(JAS)の最高水準の住宅建材を標準採用。壁紙の接着にはゼロホルマリン接着剤を使用しています。
  • ■ 計画換気
    当社の家は高気密仕様となっているため、住宅内の空気の出入り口を明確にして、住宅内 外の温度差や屋外の風に影響されることなく、新鮮な空気を取り込み、汚れた空気を排出する計画換気を採用しています。

劣化の軽減対策

  • ■ 外壁通気工法と湿気対策
    外壁仕上材の裏側に通気層を設け、壁体内を風通しのよい状態に保つことで、木材の含水率を抑え、耐久性を最大限に引き出すことが可能。さらに、木材の耐久性を高めることで、建物全体の耐久性が向上します。
  • ■ 床下換気(基礎パッキン工法)
    基礎全周から換気される工法により、床下の隅々まで湿気がスムーズに排出される空気の流れを確保して、理想的な床下環境を作ります。基礎と土台が直接接触しないので、土台の腐食防止の面からも高い効果が期待できます。
  • ■ 防腐・防蟻
    防腐性能を一番に求められる土台や大引で使用されている構造材LVL材(単板積層材)は、木材の内部までほぼ100%薬剤が浸透しており、他の材料に比べ優れた耐久性を発揮します。それ以外の部位においては、土台から1mの高さの範囲の構造部材にホウ酸による防腐・防蟻処理を行っています。ホウ酸は天然素材なので安全性が高く、揮発しないため半永久的な効果が期待できるといった特徴があります。再処理できない壁の中の柱などへの使用に適しています。

性能をわかりやすく表示

住宅の品質を全国共通のルールに基づいて審査し、「構造の安定」「火災時の安全」などの10項目で性能を評価します。表示の方法としては、性能表示項目ごとに等級や数値、講じられた対策の 名称によるなどの方法がとられています。評価を受けることで住宅品質の証明や住宅ローン・地震保険の割引などのメリットがあります。

  • ■ 確かな品質をお届けする住宅性能表示
    住宅性能表示には、設計図書を元に性能を評価する設計住宅性能評価とその設計住宅性能評価に表示された性能が建設された住宅で発揮されているかを現場で検査する建設住宅性能評価があり、建設住宅性能評価は設計住宅性能評価を受けていないと申請を行うことはできません。
  • ■ 住宅性能表示制度の10項目
  • ■ 設計図書から建築現場まで、性能評価機関の評価員がチェック
    住宅性能を評価するのは、国土交通大臣等の登録を受けた評価機関で建築士の資格を持つプロの評価員です。設計段階はもちろん、工事過程でも4回にわたって現場確認を行い、第三者の立場で厳しくチェック。建てる前から完成後まできめ細かな検査で住宅建築にまつわる不安を解消します。

アフターサポート・コールサービス

  • ■ アフターサポート
    住みはじめてからが「お付き合いのはじまり」。オカムラホームのアフターサポート。
    お住まいになられてから3ヶ月・1年・2年・5年・10年の計5回、無料定期点検サービスを実施。
    定期点検以外でも万一不具合が発生した際は、迅速に対応し、状況に応じた的確なアドバイスをいたします。また、メンテナンスのご提案やリフォームのご要望にもお応えしますので、お気軽にご相談ください。
    ※内容により有償となる場合がございます。
  • ■ 住宅瑕疵担保責任保険加入
  • ■ オカムラホームコールサービス
    コールセンターでは、住宅履歴データを管理しております。お客さまからの住まいのメンテナンスに関するご相談や修理のご依頼はコールセンターが受付・対応いたします。
    住宅設備の修理から、水回り・鍵・ガラス等緊急のトラブルにもご対応しております。

現在販売中の分譲プロジェクト

  • 船橋日大前ジャスタウンII
    船橋日大前ジャスタウンII
  • ミライナ八千代中央10番街
    東葉高速鉄道「八千代中央」 駅徒歩21分
  • 船橋海神ジャスタウン
    JR総武線・武蔵野線・京葉線・東京メトロ東西線・
    東葉高速鉄道 「西船橋」 駅徒歩15分
  • ミライナ西船橋9番街
    JR総武本線、武蔵野線、京葉線、東京メトロ東西線、
    東葉高速鉄道 「西船橋」駅徒歩7分
  • ブランニューヴィレッジⅢ
    東葉高速鉄道「船橋日大前」駅徒歩13分
    「八千代緑が丘」駅徒歩14分
前のページに戻る